Staff

[監督・脚本] 大森立嗣 Omori Tatsushi
1970年生まれ、東京都出身。前衛舞踏家で俳優でもある大駱駝艦の麿赤兒の長男。次男は俳優の大森南朋。大学入学後、8mm映画を制作。俳優として舞台、映画などに出演。自らプロデュースし、出演した『波』(01/奥原浩志監督)で第31回ロッテルダム映画祭最優秀アジア映画賞を受賞。その後『赤目四十八瀧心中未遂』(03/荒戸源次郎監督)への参加を経て、2005年に花村萬月原作の『ゲルマニウムの夜』で監督デビュー。
第59回ロカルノ国際映画祭コンペティション部門、第18回東京国際映画祭コンペティション部門出品など多くの映画祭に正式出品され、国内外で高い評価を受ける。『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』(10)で日本映画監督協会新人賞を受賞。第60回ベルリン国際映画祭フォーラム部門、第34回香港国際映画祭に正式出品された。『さよなら渓谷』(13)では第35回モスクワ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、審査員特別賞を受賞。その他に、『ぼっちゃん』(13)、『セトウツミ』(16)など。三浦しをん原作作品は『まほろ駅前多田便利軒』(11)、『まほろ駅前狂騒曲』(14)に続いての映画化。
[音楽] ジェフ・ミルズ Jeff Mills
1963年生まれ、アメリカ、デトロイト市出身。現在のエレクトロニック・ミュージックの原点ともいえるジャンル“デトロイト・テクノ”のパイオニア的存在。Axis Records主宰。DJとして年間100回近く世界中のイベントに出演する。2005年、モンペリエ交響楽団との共演をきかっけに開始したミルズとオーケストラの公演はこれまで全世界ですべてソールドアウト。エレクトロニック・ミュージック・シーンのパイオニアでありながら、クラシック音楽界に革新を起こす存在として世界中の注目を浴びている。音楽のみならず近代アートのコラボレーションも積極的に行っており、フリッツ・ラング監督『メトロポリス』、『月世界の女』、バスター・キートン監督「3時代」などのサイレントムービー作品のために、新たにサウンドトラックを書き下ろし、リアルタイムで音楽と映像をミックスしながら上映するイベント、“シネミックス”を数多く行う。
2017年、フランス芸術文化勲章、Officier de la Légion d’honneur Ordre des Arts et des Lettresを授与される。フランス政府より芸術文化勲章を授与されるのは、2007年に続き2度目。最新作はポルト交響楽団との共演による「PLANETS」。初めてオーケストラのために書き下ろし太陽系9つの惑星を旅する壮大な宇宙のシンフォニーである。
[撮影] 槇 憲治 Maki Kenji
1971年生まれ、埼玉県出身。主に笠松則通氏に師事。『黒四角』(14/奥原浩志監督)で撮影技師デビュー。 その他、『続・深夜食堂』(16/松岡錠司監督)、『海辺の生と死』(17/越川道夫監 督)、『リバーズ・エッジ』(18/行定勲監督)などがある。
[照明] 野村直樹 Nomura Naoki
1983年生まれ、高知県出身。主に長田達也氏、中村祐樹氏に師事。『舟を編む』(13/石井裕也監督)、『あなたへ』(12/降旗康男監督)等、数多くの映画に照明助手として参加。本作『光』が技師としてのデビュー作品となる。
[録音] 吉田憲義 Nomura Noriyoshi
1971年生まれ、千葉県出身。主な作品に『ノン子36歳(家事手伝い)』(08/熊切和嘉監督)、『海炭市叙景』(10/熊切和嘉監督)、『さよなら渓谷』(13/大森立嗣監督)、『そこのみにて光輝く』(13/呉美保監督)、『私の男』(13/熊切和嘉監督)、『きみはいい子』(14/呉美保監督)、『ライチ☆光クラブ』(15/内藤瑛亮監督)、『無伴奏』(15/矢崎仁司監督)、『ふきげんな過去』(15/前田司郎監督)、『オーバー・フェンス』(15/山下敦弘監督)、『ディアス・ポリス~Dirty Yellow Boys~』(16/熊切和嘉監督)『島々清しゃ(しまじまかいしゃ)』(17/新藤風監督)、『キセキ-あの日のソビト-』(17/兼重淳監督)など多数。
[美術] 黒川通利 Kurokawa Michitoshi 
1974年生まれ、愛知県出身。主な作品に、『真・女立喰師列伝』(08/押井守監督)、『リアル鬼ごっこ2』(10/柴田一成監督)、『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』(11/瀬田なつき監督)、『天の茶助』(14/SABU監督)、『東京無国籍少女』(15/押井守監督)、『湯を沸かすほどの熱い愛』(16/中野量太監督)、『断食芸人』(16/足立正男監督)、『いぬむこいり』(17/片嶋一貴監督)、『結婚』(17/西谷真一監督)などがある。大森立嗣監督作品は『ぼっちゃん』(13)、『さよなら渓谷』(13)に続いての参加となる。
[編集] 早野 亮 Hayano Ryo
1976年生まれ、兵庫県出身。主な作品に、『家族X』(11/吉田光希監督)、『大鹿村騒動記』(11/阪本順治監督)、『しば田とながお』(12/ヤン・イクチュン監督)、『人類資金』(13/阪本順治監督)、『ロクヨン』(16/瀬々敬久監督)『3月のライオン』(17/大友啓史監督)などがある。大森立嗣監督作品は、シネマインパクト作品『2.11』(12)、『ぼっちゃん』(13)、『さよなら渓谷』(13)、『まほろ駅前狂騒曲』(14)『セトウツミ』(16)に参加している。
  • [監督・脚本] 大森立嗣 Omori Tatsushi
  • [音楽] ジェフ・ミルズ Jeff Mills
  • [撮影][照明][録音]
  • [美術][編集]