過去の忌まわしい事件が、25年たった今、再び迫りくる―。原作 三浦しをん×監督 大森立嗣。逃れることの出来ない運命に翻弄され、「野生」を目覚めさせた人間を描く、過酷で濃厚なサスペンス・ドラマ。

原作は、「舟を編む」で本屋大賞を受賞した三浦しをん。
今作は、明るいテーマの多い筆者の作品群の中でも特別な位置を示す。
「日常に潜む暴力」を書きたかったとし、その先にある希望は何かと問いかける。社会を成り立たせている根本的な部分をテーマに挑んだ、多くの読者からも高い評価を得ている野心作に挑んだのは、「まほろ駅前多田便利軒」でタッグを組んだ大森立嗣監督。
そして、もとよりお互いが共演を望んでいた井浦新と瑛太が参戦し、長谷川京子、橋本マナミという初めての4人のアンサンブルが実現した。

 東京の離島、美浜島。記録的な暑さが続くその島で暮らす中学生の信之は、信之を慕う年下の輔は、父親から激しい虐待を受けている。同級生は、幼馴染で美しい恋人の美花ただひとりだ。ある夜、美花と待ち合わせた信之は、島の外部からやってきた者に、美花が犯されている姿を見てしまう。美花を救う為に、信之は取り返しのつかない罪を犯す。
そして次の日、理不尽で容赦のない自然の圧倒的な力、津波が島に襲いかかり、全てを消滅させる。生き残ったのは、信之のほかには美花と輔とろくでもない大人たちだけだった。

それから二十五年。妻(橋本マナミ)と、一人娘とともに暮らしている信之(井浦新)の前に輔(瑛太)が現れ、過去の事件の真相を仄めかし、やがて、封じ込めていた過去の真相が明らかになっていく。
秘密を握る輔は、記憶の中の信之を取り戻すため、信之と美花を脅し始める、信之は美花(長谷川京子)を守ろうとするが―。