Staff

井浦 新 Iura Arata / 黒川信之 役
1974年9月15日生まれ、東京都出身。映画『ワンダフルライフ』(98/是枝裕和監督)に初主演。以降、映画を中心にドラマ、ナレーションなど幅広く活動。主な出演作品は『ピンポン』(02/曽利文彦監督)、『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』(08/若松孝二監督)、『空気人形』(09/是枝裕和監督)。『かぞくのくに』(12/ヤン・ヨンヒ監督)で第55回ブルーリボン賞助演男優賞を受賞。『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』(12/若松孝二監督)では、日本映画プロフェッショナル大賞主演男優賞を受賞。『ジ、エクストリーム、スキヤキ』(13/前田司郎監督)、『さよなら渓谷』(13/大森立嗣監督)、『悼む人』(15/堤幸彦監督)、『白河夜船』(15/若木信吾監督)など。今後の公開待機作に、『ニワトリ★スター』(18年春/かなた狼監督)、『赤い雪 RED SNOW』(18/甲斐さやか監督)、『菊とギロチン-女相撲とアナキストたち-』(18/瀬々敬久監督)などがある。現在、NHK-Eテレ『日曜美術館』のキャスターを担当しているほか、『ELNEST CREATIVE ACTIVITY』のディレクターを務める。
瑛太 Eita / 黒川 輔 役
1982年12月13日生まれ、東京都出身。『青い春』(02/豊田利晃監督)で映画デビューし『サマータイムマシン・ブルース』(05/本広克行監督)で映画初主演。近年の主な映画出演作は、『ディア・ドクター』(09/西川美和監督)をはじめ、『余命1ヶ月の花嫁』(09/廣木隆一監督)、『ガマの油』(09/役所広司監督)、『なくもんか』(09/水田伸生監督)等の作品で第33回日本アカデミー賞、第52回ブルーリボン賞など数々の助演男優賞を受賞、その他に『まほろ駅前多田便利軒』(11/大森立嗣監督)、『大鹿村騒動記』(11/阪本順治監督)、『一命』(11/三池崇史監督)、『ワイルド7』(11/羽住英一郎監督)、『僕達急行 A列車で行こう』(12/森田芳光監督)、『モンスターズクラブ』(12/豊田利晃監督)、『まほろ駅前狂騒曲』(14/大森立嗣監督)、ディズニーアニメ『プレーンズ』(13/クレイ・ホール監督)、『プレーンズ2/ファイアー&レスキュー』(14/ボブス・ガナウエイ監督)※声の出演、『殿、利息でござる!』(16/中村義洋監督)、『64-ロクヨン-前編/後編』(16/瀬々敬久監督)、『土竜の唄 香港狂騒曲』(16/三池崇史監督)などがある。今後の公開待機作に、『ミックス。』(17年10月21日公開/石川淳一監督)など。また、7月より放送のTBSドラマ「ハロー張りネズミ」に主演、2018年NHK大河ドラマ「西郷どん」と出演作が続いている。
長谷川京子 Hasegawa Kyoko / 篠浦未喜 役
1978年7月22日生まれ、千葉県出身。女性ファッション誌の専属モデルとして活動を始め、2001年に女優デビュー。2006年、「おいしいプロポーズ」(TBS)で連ドラ初主演。2008年には河瀬直美監督映画『七夜待』で主演を務めた。 以降も数々のドラマ、映画、CMに出演。主な出演作品に、『RAIN FALL・雨の牙』(09/Max mannix監督)、『桜田門外ノ変』(10/佐藤純彌監督)、「ペテロの葬列」(14/TBS)、「続・最後から二番目の恋」(14/CX)、「マザーゲーム~彼女たちの階級」(15/TBS)、「ふれなばおちん」(16/NHK-BSプレミアム)、「臨床犯罪学者火村英生の推理」(16/NTV)、7月より放送のフジテレビドラマ「セシルのもくろみ」に出演。また、雑誌「LEE」(集英社)では、2児の母として食をテーマにしたエッセイ連載『おいしい歳時記』が大好評連載中。
橋本マナミ Hashimoto Manami / 黒川南海子 役
1984年8月8日生まれ、山形県出身。97年に芸能界デビュー。グラビアアイドルとして絶大な人気を誇る一方、女優としても活躍。主な出演作に、映画『闇金ウシジマくん』(12/山口雅俊監督)、『きいろいゾウ』(13/廣木隆一監督)、『オー! ファーザー』(14/藤井道人監督)、『アキラNo.2』(14/奥嶋ひろまさ監督)、主演作『全員、片思い/イヴの贈り物』(16/伊藤秀裕監督)、『任侠野郎』(16/徳永清孝監督)、『破門 ふたりのヤクビョーガミ』(17/小林聖太郎監督)、テレビドラマ「東京トイボックス(13/TX)、『ナポレオンの村』(15/TBS)、「不機嫌な果実」(16/EX)、「せいせいするほど、愛してる」(16/TBS)、「女囚セブン」(17/EX)などがある。また「バイキング」(CX/金曜レギュラー)などバラエティ番組でも活躍中。
南 果歩 Minami Kaho / 小野 役
1964年1月20日生まれ、兵庫県出身。1984年に映画『伽倻子のために』(小栗康平監督)で映画デビュー。映画・テレビドラマ・舞台と多岐にわたり活躍。『夢見通りの人々』(89/森崎東監督)で第32回ブルーリボン賞助演女優賞を受賞。『お父さんのバックドロップ』(04/李闘志男監督)で第19回高崎映画祭最優秀助演女優賞を受賞。近年の主な出演作に『海炭市叙景』(10/熊切和嘉監督)、『阪急電車 片道15分の奇跡』(11/三宅喜重監督)、『家族X』(11/吉田光希監督)、『サクラサク』(14/田中光敏監督)、『さよなら歌舞伎町』(14/廣木隆一監督)、『MASTERLESS』(16/クレイグ・シマハラ監督)、『葛城事件』(16/赤堀雅秋監督)などがある。今後の公開待機作に『オー・ルーシー!』(18/平栁敦子監督)など。また、7月より放送のNHK BSプレミアムドラマ「定年女子」に主演している。
平田 満 Hirata Mitsuru / 洋一 役
1953年11月2日生まれ、愛知県出身。早稲田大学在学中に、演出家のつかこうへい氏と出会い、劇団「つかこうへい事務所」旗揚げに参加。82年、映画『蒲田行進曲』(深作欣二監督)で舞台と同役の村岡安治役を演じ、その年の映画賞を多数受賞する。06年にはプロデュース共同体「アル☆カンパニー」を立ち上げ、次代を担う作家&演出家たちと精力的に活動を続けている。01年に読売演劇大賞最優秀男優賞、14年に紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。近年の主な出演作に、『八日目の蝉』(11/成島出監督)、『キツツキと雨』(12/沖田修一監督)、『悼む人』(15/堤幸彦監督)、『裏切りの街』(16/三浦大輔監督)、『愚行録』(17/石川慶監督)、『22年目の告白-私が殺人犯です-』(17/入江悠監督)などがある。
梅沢昌代  Umezawa Masayo / 山内 役
1953年7月27日生まれ、東京都出身。文学座・MODEを経て、蜷川幸雄、栗山民也、長塚圭史などの舞台作品に出演。「父と暮らせば」(鵜山仁演出)にて読売演劇大賞・優秀女優賞、「箱根強羅ホテル」(栗山民也演出)にて紀伊國屋演劇賞・個人賞、「ピアフ」(栗山民也演出)にて菊田一夫演劇賞を受賞。近年の出演作は、『まほろ駅前多田便利軒』(11/大森立嗣監督)、『小野寺の弟・小野寺の姉』(14/西田征史監督)、『夫婦フーフー日記』(15/前田弘二監督)、『ふきげんな過去』(16/前田司郎監督)など。公開待機作に、『ハピネス』(17年/SABU監督)がある。
福崎那由他  Fukuzaki Nayuta / 14歳の信之 役
2001年11月5日生まれ、茨城県出身。主な出演作に、TVドラマ「とんび」(13)、映画『もういちど』(14/板屋宏幸監督)、映画『るろうに剣心 伝説の最期編』(14/大友啓史監督)、映画『いぬやしき』(18/佐藤信介監督)、ミュージカル「黒執事−地に燃えるリコリス−」(14/15)などがある。
紅甘  Gu Ama / 14歳の美花 役
1999年12月29日生まれ、東京都出身。主な出演作に、主演作『家をたてること』(12/長谷部大輔監督)、『白河夜船』(15/若木信吾監督)、『アイスと雨音』(公開待ち/松居大悟)、ドラマ「美しき三つの嘘(第3話/平凡)」(16/瀬々敬久監督)、神聖かまってちゃんMV「光の言葉」(17)などがある。
岡田篤哉 Okada Atuya / 輔 幼少期 役
2006年7月8日生まれ。大阪府出身。5歳から子役として活動を始める。主な出演作は〈ドラマ〉NHK連続テレビ「純と愛」(13/NHK)準レギュラー、「わたしをみつけて」(15/NHK)「あさが来た」(16/NHK)などがある。その他「蟲師~続章“鈴の音”」「島耕作のアジア新世紀伝」などでは声優にも挑戦している。
早坂ひらら Hayasaka Hirara / 黒川 椿 役
2011年10月8日生まれ。実写化で話題になった「天才! バカボン」シリーズ(16、17/NTV)で天才児・ハジメちゃん役を演じる。主な出演作に〈映画〉『横道世之介』(12/沖田修一監督)、〈ドラマ〉大河ドラマ「真田丸」(16/NHK)、「ボク、運命の人です。」(17/NTV)、「お迎えデス」(16/NTV)、などがある。現在はCM、バラエティなどにも活躍の幅を広げている。
  • 井浦 新 Iura Arata / 黒川信之 役
  • 瑛太 Eita / 黒川 輔 役
  • 長谷川京子 Hasegawa Kyoko / 篠浦未喜 役
  • 橋本マナミ Hashimoto Manami / 黒川南海子 役